読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

358の自覚

さごはち☉の人生を豊かにするエッセンス

天国と地獄 自分がどっちに行くのか、今わかる

人生の旋律 人生の旋律-コラム

天国と地獄について書いてみたいと思います。自分は死んで天国なのか、地獄なのか。死ななくても今、分かります。

 

天国というのは、死んで行く所ではないんですね。

 

肉体あるうちに、本当の自分である真我(しんが)に目覚めた人は、その瞬間、既に天国に居ます。天国にいる状態で肉体寿命を迎えたらどこにいますか? 既に天国にいたわけですから、そのまま天国ということです。

 

この世とあの世って言いますが、スライドするだけなんですね。

 

良い事すれば天国、悪い事したら地獄と言いますが、これは迷信です。そもそも良し悪しというのは、人間だけがしている『認識』に過ぎないんですね。その判断基準は人それぞれ。時代や文化によっても基準は変わってきます。そんな曖昧な基準で振り分けられたら、たまったもんじゃありません。

 

で、地獄というのは、この世を迷いながら生きている様を描いてるんです。多くの人は悩み、苦しみを経験しながら生きてます。まさにこの世が地獄のような感じになってるんですね。

 

ネガティブな感情は、天国と地獄のどちらですか?と問われたら、地獄寄りですよね。なので、こういう感情を持ったまま生きるというのは、地獄を生きていると言うんです。だから、肉体寿命がきたら、そのままスライドするだけ。

 

天国と地獄というのは、今の意識状態が、真我なのか偽我(ぎが)なのか。本当の自分なのか、偽りの自分なのか。どちらの意識状態で生きているのか? たったこれだけです。とてもシンプルです。

 

多くの人は、天国から出てきたわけですけど、何億、何十億年と天国に還れてないんです。アリ地獄にハマった状態で、なかなか抜け出せずにいます。出来ることなら、今生、人生を完成させて、天国に還りたいものですね☆彡

 

 

広告を非表示にする