358の自覚

さごはち☉の人生を豊かにするエッセンス

幸せとは一度手にすると、未来永劫に続くもの

ある時、釣り堀屋で釣りをしてる人がいました。ずっと眺めてても一向に連れる気配がありません。中にはお金をかけて高級な竿を買い、糸や針、餌にこだわる人もいます。

 

 

椅子に座って長い時間、糸を垂らしているのですが、ピクリとも反応しません。腰を悪くしたり、疲労が溜まったり、イライラしたり。

 

竿がミシミシとアーチを描いたかと思えば、長靴が釣れたり、木の枝だったり。

 

一方の僕はというと、入れ食い状態☆彡 糸を垂らせばパクリ。餌を付けてなくてもパクリ。なんならお金もパクリ(これはやっちゃダメねw)

 

僕は知ってたんです。彼らが釣り堀をしている池には魚が入ってないことを(笑) 僕の池には魚がうじょうじょいます。

 


 

これ、何のたとえ話か分かりますかね?(^_^;) 人生を例えてみたんです。多くの人は何かが違う、何かが足らない、と常に何か幸せになれそうなものを求めて生きています。でもなかなか釣れないんです。

 

なぜかといいますと、魚がいない池で魚釣りをしてるからなんですね。幸せがない世界で幸せを求めようとするから、疲れるだけで、何も残らないんです。

 

幸せというのは、外にはないんです。あと、幸せとは一度手にすると、未来永劫に続くものなんです。幸せではないものを、心が勝手に幸せそうと決めつけて追い求め始めるんです。

 

本当は自分の心の奥底に静寂があり、そこにその宝が眠ってるんですね。それを掴まない限り、外なるものをどれだけ掴んでも、ぽっかりと穴が開いた状態になってしまうんです。その穴を埋めようと、また何かを追い求めます。こうやって何も掴まないまま人生が終わっていくんですね。

 

ちなみに、一度手にすると未来永劫に続くものって何か挙げれます? お金を得ても不安が付きまとい、パートナーを得ても不満が出る。一時の達成感とか満足感は得れますが、未来永劫には続かないんです。

 

なぜかと言いますと、引き寄せるものはすべてコインになってるんですね。表は福の神なんですけど、裏には貧乏神がもれなく付いてくるんです。何事も、得るまでは楽しいんですけど、得た後はえらいこっちゃ~ってなるんですね。

 

もう1つ。

 

雨や曇りの日、太陽がない! そんなことはありません。毎日、南中時刻には南中高度にちゃんとあります。ただ、厚い雲が覆い被さって、その姿を見ることができないだけですよね。雲がなければ太陽は現れます。最初からそこに太陽はあるわけですから。

 

ここでいう厚い雲というのが、欲や執着、心(思考・感情)を指します。これらが去れば、そこに残るのは本当の自分。未来永劫に持ち続けれる宝が姿を現します。それはどこかに追い求めていくのではなく、最初から今の自分の内側にあります。過去にも未来にもありません。今この瞬間にしかないんです。

 

過去や未来のことをどれだけ考えたところで、宝はないです。そこにあるのは長靴だけ。

 

多くの人は、思考をすることを当たり前だと思っていますが、思考をするのにも生命エネルギーが費やされてるんですね。思考をすればするほど、生命力は減少していってます。生命力が無くなれば寿命を迎えますよね。では、今しているその思考。命と等価交換できる内容なんでしょうか?

 

取るに足らない思考に翻弄され、命を削り、病気になる。一体、何の人生なのかと。

 

思考も感情も自分ではないんです。

 

浮かんできた思考を静かに眺めてみます。あれこれ内容をジャッジせずに、浮かんでる辺りをただ静かにジーッと見つめるだけ。

 

そうすると、ふっと消えていくのが分かると思います。どこからともなく浮かんできて、ふっと消えていく。相手にしなければ、消えていきます。思考に同化すると、エンドレスに考え始めます。

 

これに慣れてくると、脳内はシーンとして静寂を保てます。家事をやってても歩いてても何をやってても。目の前のことで考えないといけない時は思考すれば良いんですね。

 

静寂がおとずれている時、どんどん心の汚れが落ちていってます。心が軽やかになっていきます。感情に振り回されないようになっていきます。何が起こっても動じなくなります。

 

欲がない人生なんてつまらない!と言う人もいますが、無欲になった経験があるのかと。経験したことがないのに、つまらないと言うのは単なる嘘つきです。なったことがないのに、なぜその世界のことが分かるのかと。

 

実際は無欲になった方が、人生がよりスムーズに流れるんですね。経験したことがないから知らないだけなんです。

 

心の曇り、汚れが落ちていくに連れ、周囲の人が気持ち悪いくらい優しくなります。愛らしくなります。すべてのことが愛おしくて仕方なくなります。

 

最後に1つだけ。ここ最近の心に関する先生方のやり方は、マインド(思考)を駆使する方法なんですね。マインドは使えば使うほど肥大化していきます。メタボマインドになるんです。マインドを駆使してポジティブになろうとしたり。メタボマインドは必要以上に生命エネルギーを食い潰してブクブク太っていくので、かなりの曲者です。

 

逆です。

 

マインドでマインドを消すことはできないです。静観すれば良いだけです。ぼ~っと遠くを見る感じで、浮かんだ思考(脳の辺り)を眺めてあげる。内容には一切関与せずに。しばらくすると脳内は鎮まります。

 

これが少し難しいと感じたら、鼻先に意識を集中してみます。鼻先を出入りする呼吸を静かに見つめます。柔らかい空気がスーッと入って、出ていきます。自然な呼吸で、静かに意識を向けるだけです。出入りする『空気』を観ずる。

 

すべてのことを一気にやっていくのは難しいので、まずは思考というマインドだけでもコントロールできる自分。少しでも出来たら、相当喜んでも良いことです。この世のどんなことよりも価値あることです。それは、人生の目的、生まれてきた目的が1つクリアできたわけですから。

 

(・∀・) (σ・∀・)σ o(^▽^)o

 

こういう『表情』も大切ですね^^

 

今ある環境で、外なることも今まで通りしつつ、同時にこういう内なるコントロールもどこにいてもやっていけるので、内と外のバランスですね。これを楽しみながらやっていくと、本当の意味で『成長』していけます。

 

長くなりましたが、最後までお読み頂いて感謝しています。

 

 

広告を非表示にする